2010年10月24日

個性豊か


前回、チラッと書いていた初めてご依頼をいただいたお宅に伺ってから、いつの間にか10日も経ってしまいました。

同じ時期に、これまた初めてご連絡をいただき、即「翌日から…」ということで、ほぼ毎日朝と夕、ワンちゃんのお散歩をお引き受けしたので、アッという間に時間が飛んで行きます。

お散歩の話は、またいずれ・・・
101013_091139.jpg
さて、初対面の人間がお世話をする「お家でお留守番」は初めての3姉弟妹のお話。

シーズーの「のんちゃん、9才」、パピヨンの「久太郎くん、7才」、狆の「ラッピちゃん、1才」というメンバーです。

3日間で6回の訪問だったのですが、お散歩が必要なのは「のんちゃん」だけということでした。
でも、のんちゃんがお散歩に出かけたのは3回で、あとの3回は「いや、行かないバッド(下向き矢印)」と言って、全く動いてくれませんでした。
おまけに、ご飯もオヤツも食べなくなってしまって…あせあせ(飛び散る汗)

これまで旅行などで留守にされる時は、お知り合いに預けたりされていたそうですが、やはり、何も食べない、オシッコもしない、という状況だったそうです。

久太郎くんとラッピちゃんは、多少の失敗はあるものの、トイレシートでオシッコとウンチをしてくれるので助かりました。
101013_085746.jpg
のんちゃんは、飼い主さんいわく「超マイペース」ということでしたが、写真のように「寂しい、どうして帰って来ないんだろう」という表情でいることが多かったです。
でも、3日目にはさすがにお腹が空いたようで、オヤツをしっかり食べた後はお散歩に行ってオシッコとウンチをしてくれましたので、とりあえず一安心しました。

久ちゃんは「ボクと遊んでexclamation×2」と、はっきり自己主張する子です。
とっても人懐っこくて、話しかけたり触っていたりしていると、すごくご機嫌でした。

ラッピちゃんは、1匹だけ年が離れているせいか、のんちゃんと久ちゃんの様子を見ていて、「このオバさんは大丈夫なのかな?」という感じで、1回目は遠巻きに私を観察していました。
でも、慣れると、「抱っこるんるん」と言って膝に乗って来て、ベッタリ甘えてくれるようになりました。101013_090731.jpg

こちらのお宅でも、アッという間に時間が過ぎていき、心配なこともありましたが、やはり楽しい3日間でした。

飼い主さんにみんなの状況をご報告した後、「またよろしく」と言っていただけたので、とても嬉しかったです。
個性豊かな3姉弟妹にまた会える日を待ち遠しく思っています。



ペットケアSoundK http://www.soundk.jp




posted by ペットケアSoundK at 18:35| 日記